顔にできたシミを消す方法とは

顔のシミができるのは、年齢を重ねたことや、強い紫外線を浴びたことなどによります。病院でシミの治療をしてもらうことも可能ですが、家庭でできるケアもありますので、そちらから試してみるといいでしょう。シミが気になる顔に対しては、専門医の判断を仰ぐのも有効ですが、家庭でできるシミケアで肌を白くするという方法もあるようです。顔のシミを消すのに効果的とされているのが、メラニンの抑制効果をもつハイドロキノンが配合されたスキンケア商品です。シミが濃くなりすぎると家庭でのケアでは手が回りませんが、ちょっとしたシミなら家庭用のスキンケア用品で対応できます。ハイドロキノンは同じく美白効果をもつとされているビタミンCなどの成分よりも高い効果が期待できるものとなっています。ただし、刺激に弱い肌は、ハイドロキノンの入っている化粧品を用いると、肌が赤くなってしまう場合があります。トラブルを回避するためには、肌が弱い人はハイドロキノン5%未満の商品にすることや、パッチテストをしてから顔に塗ることが重要です。お肌にいい栄養素を口から摂取することで、体を内部から作りかえることも大事です。顔にできたシミやそばかすなどを発生しやすくする老化の原因として考えられるのは活性酸素です。体内での活性酸素の増加を抑えるには、抗酸化作用のある成分を意識して補給することです。柑橘類や、豚肉、大豆加工品、緑茶等が、抗酸化作用が高いと言われている食べ物です。シミを消す対策を行うことはもちろんのこと、新たなシミができないように日頃の生活でも紫外線対策などをしっかり行うことが大切になります。女性の薄毛