クレジットカード審査のチェックポイント

クレジットカードを申し込むときは必ず審査がありますが、その際にはどのような点を見られているでしょうか。最初にすることは、コンピューターを使った属性審査です。年齢や、収入、家族構成などにカード会社独自の方法で点数をつけて、足していきます。安定した収入があり、一つの会社に長く勤めている人は、信用力が高いは見なされます。大企業か中小企業か、または正社員かどうか、勤続年数が極端に短くないかといった点は、クレジットカードの審査においては重要視されるところです。信用情報会社に照会して、今の時点で他のローン会社にお金を返していないか、過去に返済トラブルを起こしたことがないかも調べます。ローンやキャッシングを今までどのくらい使っているかも調べられてしまいますし、借入金の返済を滞らせた記録があれば審査は厳しくなります。直近のクレジットカードの申し込み記録も残っており、短期間で何社も申し込みをしていれば、審査が通りにくくなってしまう場合もります。幾つものキャッシング手続きをするのは、何らかの事情でお金に困っているのではないかと思われるからです。どんな家に住んでいるかも、クレジットカードの審査の対象になります。賃貸より、持ち家住まいのほうが評価が高くなります。さたに居住年数も長いほうが、安定した生活をしていると判断できるので、審査は有利になります。両親と一緒に暮らしている独身者の場合も、一人暮らしをしている人よりも、生活が安定していると見なされ審査では有利です。クレジットカードの審査が高くなる人は、高収入で、返済意欲をしっかり持っていて、逃げない人です。
問い合わせメール共有サービス